オンラインカジノで利用できる入出金ツールと入出金のルール

オンラインカジノのゲームでプレーするには、オンラインカジノに口座を開設し、ベット用の資金を入金しなければなりません。また、ゲームに何回か勝利して勝利金が貯まると、オンラインカジノの口座から出金するようになります。そのため、事前に登録予定のオンラインカジノが取扱っている入出金ツールを確認する必要があります。また、各入出金ツールには独自の特徴があるため、自分のニーズに合ったものを選択しないと、煩わしい思いをすることになります。

オンラインカジノで利用できる入出金ツール

オンラインカジノで利用できる主な入出金ツールには以下などがあります。

・クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、American Express

・電子決済サービス:ecoPayz、iWallet、Sticpay、Much Better、Venus Point

・仮想通貨:Bitcoin、Litecoin、Ethereum、Ripple、Tether、Bitcoin Cash

・銀行送金

クレジットカードの国際ブランドの内、American Expressを利用できるオンラインカジノはごく一部でしかありません。また、銀行送金に関しては、入金か出金のどちらかにしか対応していないオンラインカジノが少なくありません。ちなみに、クレジットカードは入金専用になっており、出金には利用できません。従って、クレジットカードで入金した場合は、他のツールで出金することになります。

出金ツールの特徴

出金ツールごとに以下のような特徴を持っています。

電子決済サービス

電子決済サービスとは、オンラインカジノとプレーヤーとの間の現金授受(入出金)を電子データでもって処理する仲介サービスのことです。ほとんどのオンラインカジノがこの電子決済サービスを導入しています。電子決済サービス業者の口座を開設しておけば、複数のオンラインカジノの入出金を1つの窓口でできるため、資金を一元的に管理できるようになります。また、入出金の手間を削減できます。

なお、電子決済サービスの中で異色なのが、Venus Point(ヴィーナスポイント)です。その名の通り、現金ではなくポイントで入出金のやり取りをします(1ポイント=1ドル)。ちなみに、現金でポイントを購入することができないため、始めはどこかのオンラインカジノにある資金をポイントに換えてVenusPointの口座に入金するしかありません。そして、Venus Pointのメリットにポイントバック制度があり、オンラインカジノとの入出金ごとに一定率のポイントが付与されます。

仮想通貨

仮想通貨での入出金は通常、民間業者が運営する仮想通貨取引所に設けてあるプレーヤーの保有口座との間で行われます。仮想通貨の特徴として、入出金上限額を無制限とするオンラインカジノの多いことが挙げられます。また、ネット上のブロックチェーンという匿名性の高いシステムで入出金が管理されているため、他の出金ツールと違って本人確認書類の提出が不要になっています。

銀行送金

近年、銀行送金に対応するオンラインカジノが増加しています。銀行送金の場合は、オンラインカジノの口座とプレーヤーの保有する銀行口座との間で直接現金のやり取りができます。電子決済サービスのような仲介業者を通さないため、口座維持費やサービス手数料といった費用が不要となり、為替手数料の負担だけで済みます。ただ、着金までの日数が非常に長いことがネックになっています。

出金におけるルール

オンラインカジノから現金を出金する場合は、以下の規定を守ることが必要です。

入金ツールと同じツールの使用

オンラインカジノから出金する場合は、入金に使ったツールと同じでなければなりません(クレジットカード以外)。従って、ecoPayzで入金した場合はecoPayzでしか出金できません。このルールは、不正資金の浄化行為であるマネーロンダリングを防止する目的があります。また、複数のツールを利用して入金した場合は、直近の入金に利用したツールでしか出金できないのが一般的です。

入金額と同額のベットを消化

通常、入金した金額と同額以上のベットでのプレーを終えないと、出金ができません。

出金における限度額の範囲

オンラインカジノからの出金は任意の金額を自由に出金できるわけではありません。オンラインカジノでは出金ツールごとに出金限度額が定められています。例えば、最低出金額は10ドル以上、出金上限額は20,000ドルなどと決められています。

本人確認書類の提出

オンラインカジノから初めて出金する際は仮想通貨の利用を除き、本人確認書類(住所確認書類とも)の提出を求められます。提出は最初の一度だけです。

まとめ

オンラインカジノには色々な入出金ツールがありますが、それぞれが特徴を持つため、事前の確認が必要です。また、出金においてはいくつかの条件が課されており、条件を満たすことが前提になります。