オンラインカジノのブラックジャックの攻略法

バースト率を考えると基本戦術としてカードの値は16までをヒットとする

ブラックジャックの基本原則ですが、配られたカードの値が16までであればヒットするかステイするとよいでしょう。その理由ですが、原則、ブラックジャックは対戦相手のディーラー側の数字は17に近くなるまではヒットし続けないといけないというルールがありますので言ってしまえば自分の値が17から21までであればあえて勝負に出なくともよいというのが基本原則に存在しています。この原則はオンラインカジノの攻略法としても機能しますので基本原則としてディーラーに勝負を挑むのであれば、自己の手持ちが16であればヒットをしてカードを引くとよいでしょう。何故なら、どうせディーラーは17を目標にして勝負に打って出てきますので、16までであれば勝負に打って出てもよいという考えです。

アップカードを見て判断することが重要

ブラックジャックの攻略法ですが、ディーラーが見せているアップカードの数値でどう行動するべきかを判断することが攻略法として重要です。まず基本的にディーラーはみせているカードの数値が低い場合、2から6の間であれば他のカードの数字の値が高い場合、この時点でカードの値は16当たりになっている可能性も考えられ、高い確率でバーストする可能性も見えます。もちろんそれらを判断することができるのは勝負するまで分からないのですが、確率的にはバーストする確率はこの時点で40パーセント程度の確率でディーラーは自滅する可能性が高いです。

合計値が2枚の手札の合計値が11以下ならヒット一択

これもオーソドックスですが当たり前と言われると当たり前の戦略で、カードの合計値が11以下であればどう考えてもヒット一択です。何故ならカードの値が10であれば11を引けば21になりますので都合がよくディーラー側はおそらく17当たりの数値で勝負に挑んでくると仮定した場合どう考えてもヒットしてカードの合計値を増やした方がお得であるため、ヒット一択になるのです。

時にはスプリットという選択肢も考慮すべし

ブラックジャックでは、配られたカードが同数である場合、カードを2つに分けた方がお得である場合が多いです。例えば、Aというカードは一枚単体である場合、11の数字ですが、最初からAを2つもっている場合、11+11では22となり勝負する前から負けてしまっているということになり、両者の数字は11ではなく1と数え合計で2となります。これだったら、11という数字を有効活用して勝負に打って出た方がお得であると感じますよね。そこで宣言の中にあるのがスプリットです。スプリットとは、同数のカードがゲームで存在する場合、カードを2つに分けてゲームに参加します。もちろんもう一回分の掛け金を必要としますがそれでも勝てる確率が高まりますので時にはスプリットを宣言するのも一つの方法です。というのもこのケースは、Aというカードをいかに生かすかを重要視しており、11という数値を殺さずに勝負している点があります。何故なら、最初に勝負する手札の数値が低すぎる場合、案外とバーストする確率が高くなります。この11という数値はかなり利点があり、16以下の数値化16であればヒットを選んでもバーストしない確率が若干高いです。16以下14以下であればなおバーストする確率が低いので先方としてはオーソドックスですがお勧めの先方です。

ブラックジャックは如何にディーラーにバーストさせるかが重要

ブラックジャックのゲームはディーラーは原則17の値になるまではヒットしないといけないというルールがありますので、言ってしまえば、実は21という数字にこだわらずにゲームで勝負することが重要です。その為、考え方を変えるとブラックジャックは実は、ディーラー側は勝負から降りるという選択はできずステイできないことを考えた場合、バーストさせて自滅させるという選択肢も考慮できるのです。こちら側の数値が17だった場合、実は勝負する必要性はなく、ステイしてそのままのカードで勝負に挑むことも可能で、たとえディーラーの数字が17だった場合でも引き分けとなりますので負けたわけではなく勝負した資金も変額されますのでこの時点では負けていません。多くの方は、ブラックジャックは如何に21に近づけるかを優先しますが実はそうではなく、如何に相手をバーストさせるかが重要でディーラーは実は勝負から降りるという選択肢がない分、プレイヤーと比較した場合、プレイヤー側は案外有利でかつディーラーは2枚目のカードをオープンにしないといけないルールもあり、この時点でディーラーの2枚目のカードの値が2から6であればば次にカードを引いた際、バーストする可能性も否定できないのです。何故ならディーラーは絶対に17という数字に近づけたうえでゲームに参加しますのでそのルールがある以上、ディーラーは自滅するでしょう。