オンラインカジノの税金の仕組みを知る必要性

オンラインカジノの利益は課税対象になる

オンラインカジノの利益は所得税の課税対象になり、競馬やパチンコなどのキャンブル全般も含まれます。ただし、ギャンブルの勝利金は現金で直接手渡しになるため、具体的な金額を把握できませんが本来なら自分自身で申告が必要です。ただし、オンラインカジノの場合は銀行に勝利金が振り込まれることになり、税務署側に支払う業者が支払調書を出して報告しています。このため、利益が出て現金を受け取った場合はごまかすことは不可能で、一定以上の金額になれば確定申告をすることが必要です。

税金が発生するタイミングは?

オンラインカジノで税金が発生するタイミングは「収入が出た時点」になり、所得税は前年の1月1日から12月31日までの間に得られた利益になります。しかし、経費がかかると差し引いた金額になり、負けた場合は支出にカウントできないため注意が必要です。このため、大きい利益が出たあとに損失が積み重なり相殺をしようとしても不可能になり、税金の仕組みを理解して損をしないように金銭計画を立てる必要があります。所得税をきちんと計算するためには支払われる日時をきちんと確かめ、するタイミングを決めて損失をなるべく出さないようにすることが望ましいです。

税金を支払う時期とは

オンラインカジノで利益を出せば銀行口座に勝利金が振り込まれ、1月1日から12月31日までの期間の合計金額に対する税金を翌年に確定申告をすると金額が決められます。確定申告をするときはオンラインカジノの勝利金は「一時所得」として分類され、50万円以下であれば不要です。なぜなら、一時所得の金額は1年間の勝利金の合計額から経費と特別控除額を差し引いた金額になり、特別控除額は最高で50万円になるためです。しかし、オンラインカジノ以外に一時所得があれば合算した金額になり、ほかに副業をしている場合は金額を把握する必要があります。
課税対象所得になる一時所得の金額は一時所得の金額の半額になり、会社で年末調整をするときは20万円以下であれば申告は不要です。ただし、別に事業所得があれば確定申告で課税対象になる一時所得と合算し、納める金額を出すことになります。確定申告は毎年2月16日から3月15日まで行われ、この期間に手続をして納税をすることが必要です。オンラインカジノの税金は運営会社によっては支払調書を発行してもらえ、添付して書類を作成すると手続きがスムーズになります。

経費として扱える範囲を確かめよう

オンラインカジノは必ずしも全勝するわけでなく、損失が出ることもあります。ただし、経費に含める金額は「勝ったときにかかった経費のみ」になり、損失の分は対象外のため注意が必要です。このため、トータルでマイナスになっても課税対象所得があるため、きちんと税金の仕組みを覚えないと大損をすることもあります。ギャンブルは勝つために多くのお金を注ぎ込んでしまうこともありますが、50万円の利益を出すために20万円の資金を使えばその金額は経費になります。しかし、注ぎ込んだ50万円がそのまま負けると利益と合わせることはできず、過去の利益が大きくなれば赤字になります。

支払う所得税の金額の仕組みを覚えよう

所得税は195万円以下であれば税率は5%になり、195万円を超えれば金額に応じて高くなります。195万円から330万円は10%になりますが、控除額の97500円を差し引いた金額になります。330万から695万円は20%と上がり、最高では4000万円を超えると45%になりますが4796000円の控除額を差し引いた金額になることが特徴です。この金額はほかの収入がない場合になり、給与収入があれば一時所得に合算する必要があります。

オンラインカジノの税金に関する注意点

確定申告をするときは源泉徴収票と支払調書、経費の領収書が必要で、申込書に記入して2月16日から3月15日までの間に手続きを行うことが求められます。また、確定申告のあとに税務署から提示を求められることもあり、必要書類を準備することが大事です。
オンラインカジノで収入があれば会社にバレる可能性もあり、なぜなら税金や社会保険料は月々の支給額から天引きされるためです。勤務する企業の経理課は所得税などの金額を調査しているため、給与所得の割に金額が多くなればその時点で判明することになります。しかし、確定申告の申告書で「住民税に関する事項」があり、「特別徴収」ではなく「自分で納付」にチェックを入れると請求書が自宅に届いて勤務先に内緒でできます。
オンラインカジノは銀行口座を通して入金や出金をするため、個人の収入として利益が残ります。このため、申告漏れをすると追徴課税などのペナルティがあり、悪質であれば脱税行為にもなるため注意が必要です。所得税対策をするときはなるべく勝ちすぎないようにするよう心がけ、高額の入出金をしないよう計画を立てる必要があります。銀行は所得税が発生する可能性がある入出金に関しては税務署に申告する義務があり、その時点で判明していると考えることが大事です。