カウンティングやりすぎでオンラインカジノを出禁に!

今回出禁となったのはYouTubeでブラックジャックを配信しているBlackJackCounting氏です。カウンティング禁止が規約に記載されいないカジノにてブラックジャックのプレイしていた際にアカウントが停止されたため話題となっています。

ランドカジノでは一般的ですがカジノ側には運営にとって不利益だと判断した場合プレイヤーを出禁にする事が出来ます。実際にオンラインカジノにおいても規約にてカウンティングを禁止しているカジノもありますがオンラインでプレイしているため発覚しない場合がほとんどです。

 

カウンティングとは

カードカウンティングとはブラックジャックやポーカーなどで使われる予測テクニックです。場に出たカードを記憶し確率を計算し掛け金を調整するテクニックです。
カードカウンティングは絶大的な効果からランドカジノではほとんど禁止されています。

オンラインカジノにおけるカウンティング

オンラインカジノにおいてもカジノ側はカウンティングの対策を行っております。ゲームに使われるカードを8セット用意するなどしカウントしづらく、確率を絞りにくくしています。
そんな中、BlackJackCounting氏は自身で作成したカウンティングアプリを使い確率を把握しゲームを配信していましたが突如アカウントが停止となりブラックジャックのプレイが出来なくなりました。

なぜアカウントが停止されたか

BlackJackCounting氏がカジノ側に問い合わせたところ詳しい説明がなかったがブラックジャックのプレイは禁止となるが他のゲームに関してはプレイしても良いとの事でした。また口座に入金されていた金額も引き出すことができランドカジノのような出禁というほどではないようです。YouTubeにて配信が行われていたため運営に配信を観られたという可能性もありますが、カジノ側もプレイヤーごとにプレイの統計データを取っているためそこから判断された可能性が高いとの事です。

今後カウンティングは可能なのか

ランドカジノほどではないがカジノ側もプレイヤーのカウンティングを把握しているという事がわかりました。しかしBlackJackCounting氏がカウンティングアプリを使い配信を始めてから数か月間かかったため、まだそこまで厳重化されていないと思われます。またカードカウンティングが使えなくても勝率を上げれる方法はあるためオンラインならではの戦略を考える必要があります。