ゲームの止め時の判断を容易にできる31システム法

オンラインカジノの攻略法に頼る初心者の多くは、勝った場合や負けた場合のゲームの止め時のタイミングを知りたがっています。一方、オンラインカジノ経験者にも、資金の増減の見極めのタイミングを素早く見つけたいと思っている人がいます。そういう人たちに適した攻略法が「31システム法」です。

31システム法の内容

31システム法の基本は「1→1→1→2→2→4→4→8→8」という単位(ユニット)の順にベットします。単位の数字を合計すると31になり、その合計数をベットすることから31システム法と名付けられています。

31システム法は以下のように進めます。

①ベット資金として31ドルを用意します(1単位:1ドルの場合)。
②ゲームに負け続けた場合は、「1→1→1→2→2→4→4→8→8」の順番にベットしていきます。
③ゲームに勝つと、一段高い数字まで飛ばしてベットします。
④1~8までの1セットが終了したら最初に戻ります。

ゲームに勝った場合に数字の順番を飛ばすのが、31システム法の特徴になっています。31システム法は数字の数が9個あるため、最大9ゲームで1セットになります。ただ、必ずしもセットが終わるまでプレーする必要は無く、予定の利益を上げれば途中で切り上げても構いません。なお、1単位を1ドルとして1セットを全敗すると、31ドルの損失になります。

ちなみに、31システム法は勝率が50%で、配当倍率が2倍のゲーム(ルーレット赤・黒、バカラ、ブラックジャックなど)に使用すると有効です。

31システム法のベット手順

31システム法は以下の手順でベットしていきます。ベット資金を31ドル用意してプレーしたとします(〇:勝ち、×:負け)。

・1回目:×
左端の数字の1ドルをベットします。

・2回目:〇
2回目も左から2番目の1ドルをベットします。

・3回目:×
2回目のゲームに勝ったため、3回目は1ドルではなく、数字を一段飛して2ドルをベットします。

・4回目:〇
3回目に負けたので、順番通りに2ドルをベットします。

・5回目:〇
2ドルを2回ベットしたので、前回のゲームで勝っても負けても4ドルをベットします。

・6回目:〇
5回目に勝ったため4ドルではなく、数字を飛ばして8ドルをベットします。

・7回目:×
勝っても負けても2番目の8ドルをベットします。8ドルを2回ベットしたのでセットが完了します。

・8回目:〇
セットの初めに戻るため、1ドルをベットします。

上記の8回のゲームのベット額と累計損益を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益)。

・1回目 ×:1ドル/-1ドル
・2回目〇:1ドル/±0ドル
・3回目 ×:2ドル/-2ドル
・4回目 〇:2ドル/±0ドル
・5回目〇:4ドル/+4ドル
・6回目〇:8ドル/+12ドル
・7回目×:8ドル/+4ドル
・8回目〇:1ドル/+5ドル

合計で3回負けていますが、累計損益は+5ドルです。31システム法は2連勝すると必ず利益が発生するため、「2連勝法」とも呼ばれています。なお、1単位を1ドルとする必要はなく、2ドルに設定すれば62ドルがベット資金となります。

31システム法のメリット

31システム法のメリットとしては以下のことなどが挙げられます。

1.損失が31ドルに限定
31システム法は1単位を1ドルとすると、1セットの損失が31ドルに限定されます。損失額がいくらになるか分からないと不安が先立ちますが、31システム法は31ドル以上損することがありません。

2.2連勝するだけで利益の発生
1セットの中のどこかで2連勝すれば、必ず利益を取れます。予測値で計算すると、1回勝つ確率は50%で、2連勝する確率は25%(50%÷2)です。つまり、4回に1回の確率で2連勝することが示されており、1セット(9ゲーム)のどこかで2連勝することが見込めます。また、9連敗する確率が極めて低いことから(500回に1回)、精神的なプレッシャーの少ない攻略法と言えます。

3.ベット額の算出が容易
攻略法にはメモに数字を書き記していくものが非常に多くなっています。ゲームを終えるごとにメモに数字を加えたり消したりし、足し算や引き算をします。そのため、メモへの記入ミスや記入モレがあると攻略法が成立しなくなります。

そんな攻略法とは違い、31システム法のやり方はシンプルです。一度メモに数字を書き込んで置けば、数字をいじる必要が全くありません。

4.ゲームの止め時の判断が容易
攻略法の多くは損失額を取返すため、または目的の利益を獲得するために利用されます。つまり、結果が得られないと止められません。

しかし、31システム法は1セットを終えた段階でゲームの進行を判断する攻略法になっています。全ゲームを連勝した場合は4回、全敗した場合でも9回のゲームで1セットが終了します。ゲームを続けるか、止めるかの判断を早い段階で行うことができます。

まとめ

31システム法は1セットのゲームが早く完了します。従って、ゲームの継続の判断が素早くできます。なお、31システム法は2連勝しないと利益が出ません。また、1セット全敗すると、損失の取返しが厳しくなります。