バカラで勝つ可能性を高めるカードカウンティング

オンラインカジノの人気ゲームに「バカラ」があります。次のカードで何が出るか分からないことがバカラの醍醐味と言えますが、それがまたギャンブル性の色を濃くしています。ただ、いくらギャンブルとはいえ、お金を賭ける以上少しでも利益を得たいと思うのが人情です。実は、バカラで使用されるカードの数が無限ではないことから、勝率を上げることが不可能なわけではありません。その確率を上げる手法が「カードカウンティング」です。

カードカウンティング

カードカウンティングは手間がかかりますが、システムとしては非常にシンプルになっており、同じカードゲームのブラックジャックでも利用できます。カードカウンティングとはその名の通り、配られたカードを「カウントする」手法のことです。配られたカードの数を全て記録することで、まだ配られていないカードの内容が分かります。次にどんなカードが出るか予測できれば、プレーヤーとバンカーのどちらが勝つのか判定しやすくなります。ちなみに、ランドカジノではカードカウンティングが禁止されています。

基本用語

カードカウンティングでは事前に以下の言葉を理解しておく必要があります。

1.デック(デッキ)
ジョーカーを抜いた52枚のカードを1デック(1デッキ)と言います。通常、バカラでは6デックないし8デックが使用されます。

・6デック:52枚×6=312枚
・8デック:52枚×8=416枚

2.シュー
まだ使用されていないカードの束をシューと言います。このシューの内容が分かれば、勝ちの可能性を高められるようになります。カードカウンティングはシューに残っているカードを判明させることです。

3.ディスカードホルダー
使用済みのカードをしまっておく場所がディスカードホルダーです。

シューのカードから判断

バカラを始める前にカードがシャッフルされますが、人間(ディーラー)が行う以上均等にバラけずに偏りの出る傾向があります。その偏りを利用するのがカードカウンティングでもあります。

1.シューに「4以下」のカードが多いとプレーヤーが有利
プレーヤーのカードの合計値が「5以下」の場合は、シューから3枚目のカードが配られます。仮に、最初に配られた2枚のカードの合計値が以下だったとします。

・プレーヤー:4
・バンカー:5

プレーヤーのカードの合計値が5以下のため、3枚目のカードが配られます。プレーヤーの3枚目のカードが「3」だったとすると、結果は以下になります。

・プレーヤー:7
・バンカー:5

そして、バンカーが3枚目のカードを引く条件は、カードの合計値が「6以下」で、且つプレーヤーの3枚目のカードによって決定します。プレーヤーのカードが以下の場合にバンカーに3枚目のカードが配付されます(左:バンカーの合計値、右:プレーヤーの3枚目のカード)。

・0~2:無条件で配付
・3:「8」以外の場合に配付
・4:「2~7」の場合に配付
・5:「4~7」の場合に配付
・6:「6&7」の場合に配付

上記の例では、バンカーの合計値が「5」で、プレーヤーの3枚目のカードが「3」です。従って、バンカーは3枚目のカードを引けないため、勝負が開始されます。プレーヤーが「7」で、バンカーが「5」のため、プレーヤーの勝ちです。

シューに残っているカードが「4以下」の場合、プレーヤーは現在のハンドより高い数値になる意可能性が高くなります。また、バンカーは3枚目のカードを引ける確率が少ないため、プレーヤーが有利と言えます。

2.シューに「6以上」のカードが多いとバンカーが有利
プレーヤーが「5以下」のハンドで3枚目のカードを引く際に、シューのカードが「6~9」だと、合計値が「5」よりも小さい数値になります。つまり、バンカーの勝ちとなる可能性が高いということです。

カードカウンティングの方法

カードカウンティングは記録を付けることが可能なオンラインカジノだからこそできる手法と言えます。まず始めに、デック数を確認します。6デックと8デックでは、シューの残数が異なってきます。

そして、場に出た全てのカードの数を「正」(5枚)の文字を書く形式で記録していきます。仮に、6デック(各カード24枚)において「A」が場に17枚出たら、シューに残っているのは7枚です。このように、場に出た全てのカードの枚数を記録して、シューにある各カードの残数を導き出します。

カウンティングの仕方は自分の分かりやすい方法で構いません。

①A~0(絵札)まで各カードごとにかカウント
②A~4と5~Kを分けてカウント
③プレーヤーとバンカーのカードを分けてカウント

まとめ

カードカウンティングは時間的な余裕のあるオンラインカジノだからこそ有効な手法になっています。なお、カードカウンティングの効果が発揮されるのはある程度ゲームが進んだ後になります。シューのカード残数が多いと、当たる確率が下がります。また、ディーラーがコンピュータのゲームや、カードのシャッフルされるタイミングの分からないゲームでは、カードカウンティングの効果を発揮できません。ライブカジノだけに通用する手法です。