予選と決勝のあるチャンピオンゲーム法

オンラインカジノの攻略法というと、通常はプレーを開始してから攻略法を達成するまで一連の流れになっています。ところが、ゲームを何回かのステージに分け、段階的にステップアップしながら配当を狙う攻略法があります。それが、「チャンピオンゲーム法」です。チャンピオンゲーム法は少ないリスクでもって5単位の利益の獲得を狙います。

チャンピオンゲーム法のシステム

チャンピオンゲーム法はゲームをトーナメントのように、予選と決勝という2つのステージに分けて利益を積み上げるシステムになっています。実は、チャンピオンゲーム法のシステムはモンテカルロ法を基にして考案されています。

システムの特性から、適するゲームは勝敗確率が1/2、配当倍率が2倍のゲームです。例えば、ルーレットの赤or黒、奇数or偶数、バカラのバンカーorプレーヤーの一方へのベットが該当します。

チャンピオンゲーム法は以下の手順で進めていきます。

1.予選ステージ
①基本のベット額となる数列をメモに「1・1」と記入します。②1回目のプレー
数列の両端を足した数をベット額とします。従って、2ドル(1+1)をベットします。

③ゲームに負けたら、ベット額の2を数列の右端に加え、「1・1・2」とします。

④2回目のプレー
1回目と同じように、数列の両端を足した数をベットします。今回は3ドル(1+2)になります。

⑤ゲームに勝った場合は数列の両端を削除するため、1と2が無くなり、メモには「1」だけが残ります。

⑥3回目のプレー
メモに1しかないため、1ドルをベットします。ゲームに勝ったことで、削除する数列が無くなります。数列が無くなると、予選が終了です。

上記の結果を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益、カッコ内:数列)。

・1回目✕:2ドル/-2ドル(1・1・2)
・2回目〇:3ドル/+1ドル(1)
・3回目〇:1ドル/+2ドル

予選のゲームが終了すると、必ず2ドル(1単位:1ドル)の利益が出ています。

2.決勝ステージ
決勝ステージと予選ステージの違いは、数列の数字が2つか3つかの違いだけです。決勝ステージでは基本のベット額となる数列の数字が1つ増やし、「1・1・1」とメモに記入します。ゲームにおけるベット方法は予選と全く変わりません。

仮に、ゲームの結果が以下だったとします(左:ベット額/右:累計損益、カッコ内:数列)。

・1回目✕:2ドル/-2ドル(1・1・1・2)
・2回目〇:3ドル/+1ドル(1・1)
・3回目✕:2ドル/-1ドル(1・1・2)
・4回目✕:3ドル/-4ドル(1・1・2・3)
・5回目〇:4ドル/±0ドル(1・2)
・6回目〇:3ドル/+3ドル

決勝が終わった時点では、必ず3ドルの利益になっています。従って、予選と決勝で5ドルの利益を獲得できます。仮に、目標利益を10ドルとするなら、2パターン(予選→決勝→予選→決勝)を行うことで達成できます。

チャンピオンゲーム法のメリット

チャンピオンゲーム法のメリットには主に以下の2つが挙げられます。

1.成功した時の利益が一定
チャンピオンゲーム法では、各ステージにおいて成功した時の利益が一定となっています。予選で2ドル、決勝で3ドルの利益が確定しているため、収支計画が立てやすくなります。目標利益の達成はステージ数の調整だけで済みます。

2.小さい損失リスク
ゲームに勝っても負けても、ベット額の増減が緩やかになっています。そのため、仮に連敗があったとしても、損失額が少ない金額で済みます。また、負けると次のプレーのベット額が上がるため、早い回で損失を回収することが可能です。

チャンピオンゲーム法のデメリット

チャンピオンゲーム法のデメリットには以下の2つがあります。

1.負けが続いた場合に長期戦に突入
チャンピオンゲーム法では、負けた時に数列に数字がプラスされます。そのため、勝ったり負けたりのゲームが続くと長期戦にならざるを得ません。

例えば、以下のようになります(左:ベット額/右:累計損益、カッコ内:数列)。

・1回目✕:2ドル/-2ドル(1・1・1・2)
・2回目〇:3ドル/+1ドル(1・1)
・3回目✕:2ドル/-1ドル(1・1・2)
・4回目✕:3ドル/-4ドル(1・1・2・3)
・5回目〇:4ドル/±0ドル(1・2)
・6回目✕:3ドル/-3ドル(1・2・3)
・7回目✕:4ドル/-7ドル(1・2・3・4)
・8回目〇:5ドル/-2ドル(2・3)
・9回目✕:5ドル/-7ドル(2・3・5)

2.連敗が続いた場合のベット額の上昇
チャンピオンゲーム法は負けた時にそのゲームのベット額が数列に追加され、その額と左端の額をプラスした額が次のゲームのベット額になります。つまり、負けが多くなると、必然的にベット額が嵩むようになり、費用の負担が大きくなります。

まとめ

チャンピオンゲーム法はゲームを予選と決勝に分け、トーナメント方式のように利益を積み重ねていく独特な攻略法です。利益額が確定しているために収支の計算がしやすく、また利益を細かく分けて獲得していくため、リスクが抑えられます。