目標を明確にしてベットしていく攻略法の10ユニット法

オンラインカジノの攻略法には様々なものがありますが、その中には利益と損失の目標を明確に決め、その枠内でベットしていく手法があります。それが、「10ユニット法」です。10ユニット法は最初にリミットを決めてベットするため、負け続た場合のゲームの止め時が容易に分かります。

10ユニット法の準備

10ユニット法は以下の目標を事前に決めます。

・許容範囲の中で損失限度額を決めます。
・稼ぎたい利益の目標額を決めます。

なお、10ユニット法に適したゲームは勝率が50%で、配当倍率が2倍のゲームです。ルーレットの赤・黒のベット、バカラ、ブラックジャックで効果を発揮します。

10ユニット法の進め方

10ユニット法は以下の手順でベットしていきます。

1.始めにメモに「1」を10個並べます(1.1.1.1.1.1.1.1.1.1)
仮に、利益目標が100ドルの場合は1のベット単位が10ドルになります。なお、10個のユニット(単位)を使うため、10ユニット法という名前が付いています。

2.1ゲーム目は数字の両端の合計の2をベットします。
・勝った場合:両端の数字を消します。数列は1が8個になります(1.1.1.1.1.1.1.1)。
・負けた場合:右端に負けたベット額の2を書き加えます。数字は1が10個と2が1個の11個になります(1.1.1.1.1.1.1.1.1.1.2)。

3.「数字が全て消える」か、または「損失限度額に達する」とゲームを終了させます。
実際のゲームでは以下のようにベットしていきます。目標利益額を10ドル(1ユニット:1ドル)にしたとします。

・1ゲーム目
まずは、両端の1ドルを足した2ドルをベットします。勝ったので両端の1を消すため、メモは「1.1.1.1.1.1.1.1」(数字が8個)となります。

・2ゲーム目 
2ゲーム目のベット額も同じ2ドルです。今度は負けたため、ベット額の「2」を数列の右端に加えます。「1.1.1.1.1.1.1.1.2」(数字が9個)となります。

・3ゲーム目
ベット額は両端の1と2を足した3ドルです。また負けたので、「3」を加えて「1.1.1.1.1.1.1.1.2.3」(数字が10個)となります。

・4ゲーム目
ベット額は4ドル(1+3)です。勝ったので両端の1と3を消して、「1.1.1.1.1.1.1.2」(数字が8個)となります。

・5ゲーム目
ベット額は3ドルです。負けたので、「3」を加えて「1.1.1.1.1.1.1.2.3」(数字が9個)となります。

・6ゲーム目
4ドルをベットして勝ったので、数列は「1.1.1.1.1.1.2」(数字が7個)となります。

・7ゲーム目
3ドルをベットして勝ったので、数列は「1.1.1.1.1」(数字が5個)となります。

・8ゲーム目
2ドルをベットして勝ったので、数列は「1.1.1」(数字が3個)となります。

・9ゲーム目
2ドルをベットして勝ったので、数列は「1.」(数字が1個)となります。

・10ゲーム目
数字が1しかないため、1ドルをベットします。この回も勝ったため、消す数字が無くなりました。従って、10ユニット法が完了したことになり、ゲームを止めます。

上記の勝敗結果を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益、カッコ内は数列)。最終的に10ゲームで目標のプラス10ドルを達成することができました。

・1回目〇:2ドル/+2ドル(1.1.1.1.1.1.1.1)
・2回目×:2ドル/ ±0ドル(1.1.1.1.1.1.1.1.2)
・3回目×:3ドル/ -3ドル(1.1.1.1.1.1.1.1.2.3)
・4回目 〇:4ドル/+1ドル(1.1.1.1.1.1.1.2)
・5回目 ×:3ドル/ -2ドル(1.1.1.1.1.1.1.2.3)
・6回目〇:4ドル/+2ドル(1.1.1.1.1.1.2)
・7回目 〇:3ドル/+5ドル(1.1.1.1.1)
・8回目〇:2ドル/+7ドル(1.1.1)
・9回目 〇:2ドル/+9ドル(1)
・10回目〇:1ドル/+10ドル

10ユニット法の特徴

10ユニット法には以下の3つの特徴があります。

1.成功による目標利益額の達成
10ユニット法は目標利益額に対して、逆算して進めていく手法になっています。従って、10ユニット法が成功した場合は、必ず目標利益額を確保できています。

2.システムがシンプル
10ユニット法は数列の範囲内でプレーするため、ゲームの進行が容易に判断できます。ユニットが増えていくことは負けが続いていることであり、許容できる金額を超えた時点の確認が容易にできます。

3.少額のベット
10ユニット法は勝ち負けによってベット額が増減を繰返すため、ベット額の膨張することがありません。従って、高額な資金がなくてもゲームを進められます。

まとめ

ギャンブルで一番必要なのは目標の管理です。目標もなくゲームを進めると最終的には資金を消失しているものです。その点、10ユニット法は利益や損失に対する管理を明確にできるため、ゲームの進行の可否を確実に判断できます。