“経済政策・政治とカネ”野党が追及

立憲民主党・辻元副代表「しかるべきタイミングで公表すると言っていたにもかかわらず、先週甘利幹事長は調査報告書は公表しないと文書で表明されました。首相は幹事長に任命されるにあたり、(甘利氏の)調査報告書をご覧になり確認されたのでしょうか?」

岸田首相「私自身は、調査報告書を見ていませんが、政治資金の取り扱いについては、法令にのっとって行わなければならない、これは言うまでもありません。その説明責任のあり方についてはそれぞれの政治家自身が自ら判断すべきものであると思っています」

岸田首相は甘利幹事長が作成したとする調査報告書を見ていないことを明らかにしました。

立憲民主党の辻元副代表は森友学園をめぐる問題で自殺した近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻が岸田首相宛てに出した手紙を読み上げ、再調査を実行するかただしました。これに対し岸田首相は「内容はしっかり受け止める」とした上で「今後も必要に応じてしっかり説明をする」と述べるにとどめました。

岸田首相はまた、新型コロナウイルス対策のための法整備について「欧米諸国のような高額の罰金を科す厳しいロックダウンについて我が国にはなじまない」との認識を示しました。

また、カジノを含むIR=統合型リゾートについては「観光先進国となる上で重要な取り組みだ」と強調し「必要な手続きを適切に進めていく」と述べました。