3シーズンぶりの胸スポンサーは仮想通貨取引所、ラツィオがバイナンスと約40億円の契約

今回契約を結んだのは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所の『Bnance(バイナンス)』。2年+オプションで1年の3年契約を結び、固定費と変動費を合わせて3年間で3000万ユーロ(約39億3700万円)以上の契約を結んだ。

【写真】インテル戦でお披露目!3シーズンぶりの胸スポンサー入りのラツィオユニフォーム

バイナンスは、世界中に数百万人のユーザーを持つブロックチェーンエコシステムと暗号通貨インフラのリーディングカンパニーだ。

ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は今回の契約に際してコメントしている。

「この新たな国際的なコラボレーションにとても満足している。バイナンスとのパートナーシップにより、我々のデジタルプレゼンスを拡大し、世界中のファンやフォロワーとこれまでになく繋がることができる」

ラツィオは、2018-19シーズンにはオンラインカジノの「Marathonbet」が胸スポンサーについていたが、その後2シーズンはスポンサー無し。久々の胸スポンサーとなる。

また、今回の契約に際し、バイナンスはラツィオのファントークン「LAZIO」を発行するとのこと。サポーターはクラブに参加し、投票企画への参加や選手との電話やサイン入りグッツなども手に入れることができるようだ。

『Binance』のロゴが入ったユニフォームは、16日に行われるセリエA第8節のインテル戦でお披露目される。