様々な演出で高い人気を誇るバトルドワーフ

パチスロをイメージしたビデオスロットは少なくありませんが、バリエーションに富んだ演出によって多くのプレーヤーから高く評価されているのが「バトルドワーフ(Battle Dwarf)」です。バトルドワーフの織りなす世界観は従来のビデオスロットへのイメージを一新させます。

スペック

バトルドワーフのスペックは以下の通りです。

・プロバイダー:Japan Technical Games(Golden Hero Games)

・リール構成:3×3

・ペイライン数:5ライン

・ベット可能額:0.20ドル~500ドル

・ペイアウト率:96.00%

・オートプレイ:250G

バトルドワーフはパチスロをオマージュしているため、スペックはパチスロのものを踏襲しています。ペイアウト率は96%ですが、バトルモードの購入の有無によって数値が変わります。

・バトルモードを購入:95.18%~95.92%

・バトルモードを非購入:95.54~96.00%

シンボル

バトルドワーフには全部で10種類のシンボルがあります。

通常シンボル(ペイライン上で配当):8種類

20×BET、7×BET、5×BET、3×BET、0.5×BET、0.4×BET、0.3×BET、0.2×BET

単体配当シンボル:2種類

BATTLE、宝箱(最低3倍~最高300倍の配当)

バトルモード

バトルドワーフの目玉の演出と言えるのが「バトルモード」です。バトルドワーフはフリースピン(トレジャーラッシュ)に入る前に、バトルモードに突入します。そして、モンスターと戦い、勝利すると大量のフリースピンを獲得できます。

トリガー

バトルモードのトリガーは、以下の2種類です。

・ベースゲームにおいて全リールでVSシンボルをゲット

・ベット額の4倍を支払って、バトルモードを購入

バトルの内容:確率1/122.7、期待値約69倍

バトルモードになるとモンスターとバトルしますが、モンスターには強さの違うゴブリン、トロール、ドラゴンの3種類がいます。なお、戦わずにRUN(逃げる)という選択もできます。BATTLEとRUNの選択は、その時点の資産状況などに即して決めます。

・BATTLE

勝てば多くの報酬をもらえますが、負けると報酬は0になります。

・RUN

報酬は少なくなりますが、確実に報酬を得られます。

各モンスターとバトルした場合の平均勝率と報酬(フリースピン)は以下になります(カッコ内はRUNした場合のフリースピン数)。

・ゴブリン:75%/10回/(7回)

・トロール:50%/20回/(10回)

・ドラゴン:33%/30回/(13回)

バトルの流れ

バトルは以下の流れで行われます。なお、プレーヤーと各モンスターが以下の数のライフ(生命維持装置)を所有しています。

・プレイヤー:4基

・ゴブリン:3基

・トロール:4基

:ドラゴン:5基

①モンスターが登場します。モンスターはランダムで登場するため、どのモンスターと戦うことになるかは分かりません。

②戦う(BATTLE)か、逃げる(RUN)かを選択します。

③BATTLEを選択した場合は、画面にある3つの「石板」から1つを選択します。石板の裏には以下の5つの要素が書かれています。

・ATTACK:相手に1ダメージ

・ATTACK×2:相手に2ダメージ

・DAMAGE:自分に1ダメージ

・DAMAGE×2:自分に2ダメージ

・WIN:一撃勝利(プレミア演出)

BATTLEのシミュレーション(モンスターがゴブリン)

①DAMAGE

ゴブリンから攻撃を受け、ライフが3基に減ります。

②DAMAGE

再度の攻撃を受け、ライフが2基に減ります。

③ATTACK

ゴブリンを攻撃したことで、ゴブリンのライフが2基に減ります。

⑦DAMAGE×2

2つのDAMAGEを受けたため、ライフが0になり敗北です。

バトルモードで負けるとフリースピンが獲得できず、ベースゲームに戻ります。ちなみに、石板から「WIN」の絵柄が出ると、金色の大砲が出現して勝利が確定します。そして、勇者(ドワーフ?)がアップになって顔を見せます。

バトルモードの購入の是非

バトルモードの初当たり確率は1/122.7です。つまり、123回転して1回の確率でバトルモードに突入できることになります。ただし、123回転したからといって必ずバトルモードに突入できる保証はなく、200回転、300回転してもベースゲームのままということもあり得ます。

そのことを考慮すると、無駄にスピンを繰返さずにバトルモードに突入できる「購入機能」を利用した方がお得と言えます。しかしながら、フリースピンの配当期待値は約69倍のため、数字上ではベット額分の回収は容易ではありません。モンスターの種類によっても損得が変わります。結論的には、ベースゲームから突入を目指す、直接購入する、の優劣は付けられません。

まとめ

バトルドワーフはゲーム内に色々な演出が施されており、単にスロットで稼ぐというだけではなく、エンターテインメント性を楽しむことができます。それが人気の要因でもあります。