シンプルな割に奥の深いカリビアンスタッドポーカー

オンラインカジノでは当然ポーカーのプレーをできますが、ポーカーには色々な種類があり、その1つが「カリビアンスタッドポーカー」です。ルールがシンプルなため、ポーカーの初心者でもすぐに理解することができます。ディーラーとプレーヤーの対決になりますが、カードチェンジが一切無く、配られたカードの役の大きさだけで勝負を決します。なお、サイドベットでジャックポットを狙えるのが大きな特徴でもあります。

基本ルール

カリビアンスタッドポーカーのルールは日本で普及しているファイブドローポーカーに近く、その名の通り、カリブ海の地域で盛んに行われています。

ルールにおける特徴はプレーヤーもディーラーも最初に配られた5枚のカードだけで勝負するということです。日本で行われているファイブドローポーカーはハンドのカードから要らないカードを交換できますが、カリビアンスタッドポーカーでは一切できません。なお、ディーラーとの勝負であるため、同じテーブルに複数のプレーヤーがいても関係なく、プレーヤー同士の駆け引きもありません。

カリビアンスタッドポーカーでは、ディーラーに対する強制的な「降り」の条件が課されており、以下の条件に該当する場合は即座に降りることになります。

・ワンペア以上の役がなく、AとKの両方を持っていない場合

ディーラーが強制的にゲームを降りることを『クォリファイしていない』と言います。クォリファイという言葉は、ディーラーが勝負できる条件をクリアしていることを意味します。ディーラーが上記の条件を満たしていない場合は、無条件でプレーヤーが勝ちます。ディーラーが勝負を降りると、プレーヤーにアンティ分(最初のベット額分)の2倍の金額が返還されます。つまり、アンティ分の金額が利益となります。

なお、ディーラーがゲームを降りた時点でゲームは不成立となり、プレーヤーがどんなに高い役を揃えていたとしても、アンティ分の配当しかもらえません。逆に、何の役が無くても、アンティ分の配当をもらえます。コールしてあった場合はベット額がそのまま返還されます。

ゲームの流れ

カリビアンスタッドポーカーは以下の流れでゲームが進みます。

1)「アンティ」にチップを置く

まず初めに、ゲームへの参加費として、「アンティ」と書かれた枠にベットしたい枚数のチップを置きます。

2)プレーヤーに5枚のカードが配付

アンティにチップを置くと、プレーヤーに5枚のカードがオープンの状態で配られます。

3)ディーラーに1枚のカードが配付

次に、ディーラーにカードが1枚オープンの状態で配られます。

4)ゲーム続行の可否の判断

プレーヤーは自身の5枚のカードと、ディーラーの1枚のカードを見て、ゲームを続行するかどうかを判断します。ゲームを続行する場合は「コール」をクリックし、「コール」の枠にアンティのベット額の倍額のチップを置きます。降りる場合は「フォールド」をクリックしますが、その時点でアンティのベット額が没収されます。

5)コールの場合は、ディーラーにカードを4枚配付

プレーヤーがコールすると、ディーラーに4枚のカードが追加で配られます。ここで、ディーラーがクォリファイしていれば、プレーヤーとディーラーの5枚のハンドで勝負することになります。

役の強さ

カリビアンスタッドポーカーの役と強さは他のポーカーと変わりません。一番強いのは「ロイヤルフラッシュ(同じスートで10~A)」で、一番弱いのは「ハイカード(別名ブタ、無役)」です。また、カードは「A」が最強で、「2」が最弱です。

なお、カリビアンスタッドポーカーは最初に配られた5枚のカードだけで勝負するため、両者共に役が一つも揃わないことが少なくありません。その場合はカードごとの強さで勝負することになります。

ちなみに、勝負結果のデータで見ると、ワンペアが揃っている場合は50%以上の確率で勝てています。従って、ワンペアを得たら「勝負(コール)」するのが得策と言えます。

役の配当の最高はロイヤルフラッシュの201倍で、最低はワンペアとハイカードの2倍です。

サイドベット

カリビアンスタッドポーカーでは、アンティへのベットと同時にサイドベットを行うことができます。このサイドベットが「ジャックポット」であり、プレーヤーの役によって賞金が付与されます。ジャックポットを狙う場合は、アンティとは別にある「ジャックポット」の枠にチップを置きます。なお、ジャックポットだけにベットすることはできません。

ジャックポットは特定の役以上で勝った場合に賞金が付与されます。オンラインカジノによって最低条件の役が異なりますが、一般的に「スリーオブカインド」以上となっています。

まとめ

カリビアンスタッドポーカーは手持ちのカードだけで勝負するため、役を作るためのカードチェンジという難しい判断が必要ありません。その点で、ポーカー初心者に適したゲームといえます。なお、アンティ、コール、ジャックポットと3回ベットするタイミングがあるため、ベットする時は資金的なバランスに注意します。