BitCasino

Overview
  • 1: ビットコイン(仮想通貨)プレイ
  • 2: 3Dビデオスロット搭載
  • 3: VIPプレイヤー獲得
カジノ
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます
ここにテキストを入れます

ビットカジノとは

ビットカジノの名前がプレーヤーの間で広く知られるようになったのは、業界で初めてBitcoinで入金し、且つBitcoinでベットできるオンラインカジノだったからです。そのため、ビットカジノはオンラインカジノにおけるビットコイン利用者のメッカ的存在になっています。ちなみに、エストニア出身の元大関・把瑠都(バルト)が2020年にビットカジノのアンバサダーに就任しました。

Bitcoin専用のオンラインカジノとしてスタートしましたが、現在では入出金ツールが非常に豊富になっています。「Moonpay」を利用してクレジットカードでの入金ができ、「SumoPay」を利用すると日本円での入出金ができます。また、仮想通貨も6種類に対応しています。

ビットカジノのおススメポイント

ビットカジノのおススメポイントには以下などがあります。

換金が不要

通常、オンラインカジノではBitcoinを米ドルやユーロなどに換金しないとプレーできません。しかし、ビットカジノはBitcoinをそのままプレーに使用できるため、入金や出金の際に換金の必要がありません。

ライブRTPの搭載

ビットカジノには、他のオンラインカジノには無い「ライブRTP」と呼ばれる独自の機能が装備されています。ライブRTPでは各ゲームの過去1ヶ月、1週間、24時間のRTP(ペイアウト率)をチェックすることができます。

RTPとは、プレーヤーのベット額に対するビットカジノからの払戻額の比率のことです。例えば、100ドルベットして95ドルが還元されれば、RTPは95%となります。当然、RTPの高いゲームほど、勝てる確率が高くなります。そこで、事前にRTPを確認し、稼ぎやすい機種を選択してプレーできます。

本人確認書類の提出が不要

オンラインカジノでは、出金する際に本人確認書類(住所確認書類含む)の提出が必須となっています。ただ、匿名性の高い仮想通貨で出金する場合は、本人確認書類の提出を不要とするオンラインカジノもありますが、それ以外の出金では提出が義務となっています。

ところが、ビットカジノは仮想通貨だけではなく、ecoPayzやSticpay、Much Better、銀行送金であっても、本人確認書類の提出を求めていません。本人確認書類の提出を全て不要とする唯一のオンラインカジノです。本人確認書類の提出は手間がかかるため、プレーヤーにとってはメリットになります。

ただし、マネーロンダリング(資金洗浄)の疑いがあると見做された場合、または1日の出金額が1BTCを超える場合は本人確認書類を求められることがあります。

また、ビットカジノは出金だけではなく、口座の開設も簡易になっています。口座開設における登録では、名前や住所の入力を必要としません。従って、登録が早く済むと同時に、個人情報の漏洩に対する懸念が無くなります。なお、GoogleやFacebook、Twitter、LineなどのSNSアカウントを利用して新規登録できるという特徴も持っています。

ロイヤリティークラブ

ビットカジノでは、プレーすればするほどポイントが貯まり、貯まったポイント数に応じてレベルの上がる「ロイヤリティクラブ」というプログラムが導入されています。ロイヤリティクラブのレベルは全部で7段階あり、レベルがアップするほど交換アイテムが豪華になります。ポイント付与の対象ゲームはテーブルゲームやライブカジノなど幅広くなっており、スロットだけでも2,000種類があります。そして、交換アイテムはフリースピンやフリーチップ、キャッシュバックなどとなっています。

1ユーロ相当をベットするごとに5ポイント貯まりますが、レベルが上がるほど獲得できるポイントが増えます。例えば、レベル6のレジェンドになると、通常ポイントの2倍を獲得できます。

なお通常、オンラインカジノではフリースピンやキャッシュバックなどに対して出金条件が課されるため、条件をクリアしないと出金ができません。ところが、ロイヤリティクラブのアイテムには出金条件が無いというメリットがあります。

まとめ

ビットカジノはBitcoinでプレーできるという独特なシステムを持つオンラインカジノです。なお、日本円でも入出金できるという利便性も備えています。また、入出金限度額が高額なことから、ハイローラーの登録者が多いという特徴があります。