堅実にプレーを続けたい人に適したウィナーズ投資法

オンラインカジノでプレーする人というのは、往々にして一攫千金を狙っているものです。ただ、プレーヤーの中には大儲けをしなくても良いから、損しないでコツコツ利益を貯めたいという人も少なくありません。そんな人に適している攻略法が「ウィナーズ投資法」です。

ウィナーズ投資法は勝率50%、配当倍率2倍のゲームが適しており、ルーレットの赤・黒やバカラ、ブラックジャックが対象になります。

ウィナーズ投資法の進め方

ウィナーズ投資法はメモに負けた時のベット額を記録したり、消去したりして進めていきます。具体的には以下の手順でベットしていきます。

①2連敗までは同じ金額をベットします。
②2連敗後の3ゲーム目は、メモしておいた左端の金額の2倍をベットします。
③3ゲーム目も負けたら、数列の右にベット額を書き加えます。
④4ゲーム目も同様に、メモの左端にある金額の2倍をベットします。
⑤ゲームに勝ったら、左端の数字を消去します。
⑥数字が全て無くなったら、最初から始めます。

実際のゲームでは以下のようにベットします(カッコ内は累計損益)。

1ゲーム目&2ゲーム目(-2ドル)
1ドルをベットし、2連敗したとします。2連敗しているため、メモには「1・1」と記入されます。

3ゲーム目(-4ドル)
左端の数字が1ドルのため、3ゲーム目のベット額は左端の数字を2倍した2ドルです。3ゲーム目も負けると、ベット額を右に書き加えて「1・1・2」となります。

4ゲーム目(-6ドル)
4ゲーム目のベット額も2ドルです。4ゲーム目も負けると、さらにベット額が右に加わるため、「1・1・2・2」となります。

5ゲーム目(-4ドル)
5ゲーム目のベット額も変わらず2ドルです。5ゲーム目に勝つと、左端の数字を消すため、数列は「1・2・2」に変わります。

6ゲーム目(-2ドル)
6ゲーム目のベット額もまだ2ドルのままです。6ゲーム目も勝つと数列は左端の1が消えて、「2・2」となります。

7ゲーム目(+2ドル)
7ゲーム目のベット額は左端の数字が2のため、2倍の4ドルに増えます。7ゲーム目も勝つと数列は「2」だけになります。

8ゲーム目(+6ドル)
8ゲーム目のベット額も4ドルです。そして、8ゲーム目も勝つと消す数字が無くなるため、いったんウィナーズ投資法は終了し、改めて2連敗するまで待ちます。

上記のゲームの勝敗結果を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益)。

  勝敗 ベット額 累計損益
1回目 × 1ドル −1ドル
2回目 × 1ドル −2ドル
3回目 × 2ドル −4ドル
4回目 × 2ドル −6ドル
5回目 2ドル −4ドル
6回目 2ドル −2ドル
7回目 4ドル +2ドル
8回目 4ドル +6ドル

ウィナーズ投資法は後半に連勝することで、最初の負け分を取返す手法と言えます。結果的に、「勝ちと負けが同じ回数」になると利益が発生し、また数字が全て消えるためゲームセットになります。

ウィナーズ投資法の2つのメリット

ウィナーズ投資法には以下の2つのメリットがあります。

1.少ない資金で活用
ウィナーズ投資法は負けると左端の数字を2倍にした金額をベットするため、当初のベット額が1ドルの単位であれば高額なベットにはなりません。マーチンゲール法のように、負けたら前ゲームのベット額の2倍にするわけではないため、大きな資金を必要としません。

2.勝敗が5分なら利益が発生
表からも分かるように、「勝ちと負けが5分=同じ回数」なら利益を獲得できます。連敗しても、その分だけ連勝すれば利益を稼げます。

ウィナーズ投資法の2つのデメリット

ウィナーズ投資法のデメリットとして、主に以下の2つが挙げられます。

1.数列の作成が手間
ウィナーズ投資法では、ゲームを行うごとにベット額を書き加えたり、数字を消したりしなければなりません。記入漏れがあったり、消し忘れがあったりすると、ウィナーズ投資法が成立しなくなります。短気の人だと、ストレスになります。

2.勝ち負けが交互に起きると損失が発生
ウィナーズ投資法では、勝ち負けが同じ回数なら利益が出ますが、勝ちと負けが交互に起きると、損失が生じます(左:ベット額/右:累計損益、カッコ内は数列)。また、ベット額も高額になっていきます。

  勝敗 ベット額 累計損益 数列
1回目 × 1ドル −1ドル  
2回目 × 1ドル −2ドル 1・1
3回目 2ドル ±0ドル
4回目 × 2ドル −2ドル 1・2
5回目 2ドル ±0ドル
6回目 × 4ドル −4ドル 2・4
7回目 4ドル ±0ドル
8回目 × 8ドル −8ドル 4・8
9回目 8ドル ±0ドル
10回目 × 16ドル −16ドル 8・16

まとめ

ウィナーズ投資法は少ない資金でゆっくりと利益が積み重ねていく手法です。なお、ベット額を算出するには毎回ベット額を記入していくことが必要であり、その分手間がかかります。連敗と連勝が同数になって、数字が消滅するといったん終了します。